フェイスパックは種類で選ぶ

フェイスパックは種類で選ぶ

 

フェイスパック,pac

 

フェイスパックはまず大きく2種類に分けることができます。
それは「塗るタイプ」と「シートタイプ」です。

 

それぞれ特徴が違い、メリット.デメリットがあるので、ご自分に合っているタイプを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

シートタイプのパック

 

フェイスパック,pac

 

 

 

フェイスパックの中でも最近主流となっているのが、このシートタイプです。シートマスクとも呼ばれていますね。

 

用途としては

 

保湿をしたい、エイジングケアしたい、美白を目指す。

 

それぞれ貴女の目的で使い分けすることができます。
シート自体に美容成分が配合しているので顔に付けてしばらくして剥がすだけというマジで手軽なのが受けて人気です。

 

 

その後に顔を洗ったりする必要もないので手も汚れません。

 

 

 

 

塗るタイプのパック

 

フェイスパック,pac

 

 

ジェル状やクリーム状になっているものを直接顔に塗るタイプです。

 

 

シートタイプの物よりも油分をバランスよく配合しているのでお肌にぴったりと密着してくれて美容成分なども浸透しやすいと言えるでしょう。

 

しかも塗るパックは目の周りなどと、細かい部分にも対応できるので隅々まで美容ケアができます。

 

 

肌が本来必要としている水分や油分バランスを整えてくれる効果もあるので期待は大きいと考えられます。

 

デメリットは手が汚れやすい、値段が少々高めの製品が多いところ。

 

 

 

 

次に、

 

 

 

紫外線などの外部要因が原因で肌の痛み気になるのが恐い

 

 

 

エイジングケアがポイントになる成分が配合しているフェイスパックを選ぶようにすると良いです。

 

 

 

特にエイジングケアは肌の細胞が持つ力を高めてくれるような成分がおすすめで、
例えば、肌の炎症を抑えて肌の再生にガンバって新しい肌を作る効果がある「アラントイン」です。

 

 

アラントインとは?

 

細胞増殖作用があり、表皮組織を形成し、傷を治癒する・また抗炎症作用や組織修復作用などを持つ成分で、エイジングケアのための保湿クリームをはじめ、さまざまな化粧品に配合されており、湿疹・かぶれ用軟膏やニキビ治療薬などにも配合されます。

 

 

 

 

 

肌の酸化を防ぐ「アスタキサンチン」・「プラセンタ」・「コエンザイムQ10」

 

 

又、近年は馴染み深い抗酸化成分として肌を若返らせると言う【コラーゲンやエラスチン】を作る働きがある「ビタミンA誘導体」や「ビタミンC誘導体」も効果的です。

 

 

フェイスパック,pac

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

ここでは、今年齢との戦いに有効な商品を取り上げています。
エイジングケアをお考えの方には1度この様なモノがあるので覚えておいて下さい。

 

あり得ない48歳!?

 

大人肌のSOSを救う「一発逆転」とは?
たった一ヶ月でマイナス12歳の極上美肌&ほうれい線作用♪

 

 

 

トップへ戻る